no image
2016.11.21.

木村孝先生

去る11月2日に染織研究家でエッセイストの木村孝(きむらたか)先生が96歳で急逝され
先日、偲ぶ会に参列させて頂きました

孝先生とはお茶事教室で度々ご一緒させて頂いておりましたが
本当にお元気でとってもチャーミングでユーモラスで
そしてお着物界の大家でいらっしゃりながらとても謙虚でらして
お尋ねすると何でも丁寧にお教えくださる深く広い知識をお持ちで本当に魅力的な御方でした

直前までとてもお元気で精力的にお仕事をこなされ、
講演会などでもはきはきとしっかりお喋りなさり、それも何十分でも立ちっぱなしで、ご一緒させて頂くお茶事でもお食事もお酒もしっかりとお召し上がりになっていらっしゃいましたので、突然の悲しいお報せに驚きと信じられない思いで一杯でした

もう一度、孝先生のお声を聞くことが叶ったらと涙が溢れてしまいます

初めてお目にかかりましたときに、
「あなたのような方がいてくださって心強い限りです」と
仰って頂きました 
そのお言葉を一生の励みにこれからも日本の伝統と文化を繋ぎ
平和で温かな未来を紡いでいけるよう精進したいと改めて強い気持ちでおります

孝先生は本当に宝のような御方でした
お会いできて本当に本当に幸せでした

絶筆となりました「衣の声 きものの本流を見つめて」(ハースト婦人画報社/講談社)をはじめ沢山のご著書をお遺しになられましたので大切に拝読させて頂きます

image1 

no image
2016.11.14.

今季のタイツ

今季のオーガニックコットンタイツもPRISTINEのものを購入、
そのままRe PRISITINEにお預けし草木染めで真っ黒にして頂きました
昨年までは黒いタイツを履くときは我慢してナイロンタイツを履いていましたが
やはり肌の感触と静電気などが気になっていましたので、これでこの冬は快適に過ごすことができそうで嬉しいです

pristine%e9%bb%92%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%84

オーガニックコスメamritara勝田小百合さんより以下のお話を伺いました
静電気に関して和洋女子大学の名誉教授川村一男博士の実験
生活条件を同じにした女子学生たちを対象に化学繊維を着た群と、自然素材を着た群に分けて調べました。
●合成繊維を着た女子学生は着用直後に急激に血糖値が上昇し、平均にして10~15%高くなり、血中のビタミンC量が減少。

理由→静電気によって交感神経が刺激され、副腎髄質からアドレナリンが分泌されるため血糖値が上昇。そして副腎皮質ホルモンの分泌にビタミンCが多量に使われた。

●次に女子学生5人に初めの5日間、綿だけの衣服を着用させ、その後3日間、合成繊維だけの衣服を着用させるという実験も行う。 合成繊維着用後から血中のカルシウム量が約15%減少し、尿中に排出されるカルシウム量が平均69%増加。

理由→静電気が起きると、体内のカルシウムがプラスの電気を帯びて体内のアルカリ度を高めるが、これを下げるためカルシウムを排出するため。

美と健康のため静電気を避けることは大切なようですね
また自然環境のためにもできるだけ自然素材を身につけたいですね

そして昨年履いていた染めていないタイツは穴が開いてしまっていたのでオーガニックコットンの布地で継ぎ当てを施し今年も大切に履きたいと思います♡^^

%e9%9d%b4%e4%b8%8b%e3%81%ae%e7%b6%99%e3%81%8e%e5%bd%93%e3%81%a6